【いまさら聞けない】テレビの正しい選び方と人気のアクオス・レグザ・ブラビア・ビエラやアペックス、ハイセンスのおすすめモデルを徹底解説!

2023年9月7日更新 / 2023年7月11日公開

スマホや動画コンテンツが普及したことにより、以前よりかなり手ごろな値段で手に入るようになったテレビ。
最近はテレビを見ないという方も増えてきましたが、大画面、大迫力で映画やドラマなどを視聴できるのはテレビならではのメリットです。
ただ、そんなテレビにもたくさんの種類がありますので、「どれを選べばいいの?」となってしまっている方もたくさんいるでしょう。

そこでこの記事では、テレビの正しい選び方と、サイズ別のおすすめモデルについて詳しく解説していきます。

後悔しないテレビの選び方

まずは、後悔しないテレビの選び方について詳しく見ていきましょう。

テレビの種類

テレビには、

  • 液晶テレビ
  • 有機ELテレビ

大きく分けると上記2つの種類があります。

液晶テレビというのは、バックライトの光でディスプレイを表示するタイプであり、コスパに優れています。

有機ELテレビというのは、ディスプレイ自体が光る自然発光方式を採用しているテレビです。
液晶テレビとは違い、バックライトを搭載していない分非常に薄型で軽量となっています。ただ、若干価格が高いため、予算としっかり相談しておかなければなりません。

画質

せっかくテレビを購入するなら、高画質のモデルを選びたいですよね。
テレビの画質というのは、素子の数によって決まります。

少し専門的な解説となってしまいますが、テレビの画質には、

  • フルHD→1920×1080
  • 4K→3840×2160
  • 8K→7680×4320

などの種類があり、素子の数が大きくなればなるほど綺麗な画質で楽しめます。
ただ、画質が良くなればなるほど価格も高額になりますので注意が必要です。

サイズ

テレビを選ぶ時は、サイズにも注目する必要があります。

中には、「とにかく大きなテレビが欲しい」と考える方もいると思いますが、テレビはただ大きければ良いというわけではありません。

部屋の広さとのバランスを考えて選ばないと、「画面が大きすぎて疲れる」「テレビとの距離が近すぎて疲れる」という状況に陥ってしまいます。

テレビの視聴距離目安は、

  • 画面の高さ×3

で算出できますので、部屋の広さとのバランスも考えながら選んでいきましょう。

価格

テレビを選ぶ時に忘れてはいけないのが、価格です。
一昔前に比べるとお手頃価格となったテレビですが、中には20万円を超えるものもあります。

価格が高くなればなるほど機能性も高くなりますが、予算を大幅に超えてしまうと家計に影響を与えてしまいますので、無理なく購入できるモデルを選ぶようにしましょう。

機能

最近のテレビには、

  • 録画機能
  • ネットワーク機能
  • 倍速機能

など、様々な機能が搭載されています。

ただ、モデルによって搭載されている機能が異なりますし、機能数に応じて価格も変わっていきますので注意してください。

テレビを購入する時は、「できるだけたくさんの機能が付いているモデルを選びたい」となってしまいがちですが、滅多に使わない機能が搭載されているテレビを選んでしまうと、宝の持ち腐れになりますので慎重に検討していきましょう。

19~24V型のおすすめテレビ

では早速、19~24V型のおすすめテレビをいくつか紹介していきます。

アペックス 液晶テレビ AP2440BJ

こちらは、24インチの液晶テレビです。

外付けHDDにも対応しており、

  • 地上デジタル
  • BS
  • CSチューナー

なども搭載していますので、最低限の機能で十分と考えている方に最適と言えます。

また、こちらのモデルはVESA規格に対応しており、壁に掛けることも可能ですので、「デッドスペースを作りたくない」と考えている方にもピッタリです。

※VESA規格って何?

VESA規格とは、液晶ディスプレイやテレビなどの映像機器を、壁掛け金具・アーム・スタンドなどに取り付ける際に使うネジ穴の間隔について定められた国際標準規格のことです。
Video Electronics Standards Association(略称:VESA)という組織が策定したため、VESA規格と呼ばれています。VESAマウント規格・FDMIと呼ばれることもあります。
ネジ穴の縦×横の間隔サイズが規格として定められており、「100×100mm」などのように表記されます。
VESA規格に対応した製品であれば、様々な製品の中からどれを選んでも問題なく取り付けることができます。

出典:サンワサプライ

出典: Amazon
  • 安心の日本生産(山梨県上野原市)
  • 豊富な入出力端子
  • シンプル設計で簡単操作
  • 外付けUSB-HDDで録画再生可能。簡単録画で楽しみ倍増!
  • VESA対応で壁掛け可能(壁掛け金具は別売)
  • TVベゼルにメーカー名がなくデジタルサイネージやホテル等法人様利用に最適です。
created by Rinker
アペックス
¥86,429 (2024/04/24 13:23:47時点 Amazon調べ-詳細)

パナソニック 液晶テレビ「プライベートビエラ」UN-19FB10H

「できるだけコンパクトなテレビが欲しい」と考えている方には、こちらのモデルがおすすめです。

このテレビは19インチとかなりコンパクトなサイズとなっており、持ち運びも可能ですので、利便性を重視している方に最適と言えます。

また、最長3.5時間のバッテリーも搭載していますので、コンセントがないところでもテレビを楽しめます。

出典: Amazon
  • バッテリー搭載、モニター部はアンテナ線不要で、書斎のデスクやベッドサイドなど、好きな場所で大きな画面で楽しめる+どこでもディーガで外出先からでも視聴可能
  • テレビやYouTubeはもちろん、ディーガの録画番組も楽しめる
  • 視聴スタイルに合わせて見やすい角度に設置できるチルトスタンド

ハイセンス 2K液晶テレビ A30Hライン 24A30H

こちらのテレビは、24インチと非常に丁度良いサイズ感となっていますので、場所を選ばずに設置できます。

テクスチャー復元機能が搭載されているため、立体的な映像を楽しみたいと考えている方に最適です。スピーカーには「スーパーバス」を搭載しているため、映像だけでなく音楽も楽しめます。

出典: Amazon
  • 直下型バックライト、Wチューナー内蔵、高音質のスーパーバス、便利な録画機能。
  • 直下型バックライト: 明暗部による色ムラの少ない、発色豊かで綺麗な映像を再現します。
  • 臨場感豊かな音を再現するスーパーバス: 人間の聴覚特性に着目し、薄型スピーカーの低域成分の再生が失われる帯域の分を補う倍音再生・低音域のデータ補完を施すことにより、今まで出力されなかった低音が聞こえるようになりました。
  • 録画機能: オートチャプター、裏番組録画対応、外付けHDD録画(市販のUSB HDDを接続可能)、簡単連続録画予約など。

32~40V型のおすすめテレビ

では次に、32~40V型のおすすめテレビをいくつか紹介していきます。

東芝 液晶テレビ REGZA 40V34

動画配信サービスが普及している昨今においては、「テレビでネット動画を楽しみたい」と考えている方も多いでしょう。

こちらのモデルは、ネット機能が充実しており、リモコンにある「ダイレクトボタン」を押すだけですぐに動画サービスにアクセスできます。

また、録画番組をジャンルやタレントごとに分類することもできますので、利便性を重視している方にもおすすめです。

出典: Amazon
  • 【高画質で楽しめる】昼も夜も最適画質へ自動調整、ネット動画もノイズ低減で高画質視聴可能に
  • 【ネット動画が観られる】リモコンに「Netflix」「YouTube」「Prime Video」等のダイレクトボタンを配置
  • 【便利に録画できる】録画しながら別の番組を自由に視聴できる、好きなジャンルの番組をおまかせ録画も可能
  • 【テレビゲームが快適にできる】驚きのレスポンス&高精細グラフィックスでゲームをより快適に
  • 【Amazon Alexaに対応】本商品はWorks with Alexa認定を受けたAmazon Alexa対応端末です。

ソニー 液晶テレビ「BRAVIA」KJ-32W500E

「とにかく画質にこだわりたい」という方には、こちらのモデルがおすすめです。

高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載しているため、奥行きのある映像を楽しめます。

また、音声の質を高める「クリアボイス」機能も搭載されているため、よりクリアな音声を楽しみたいと考えている方にも最適です。

出典: Amazon
  • 自然な色合いで、ノイズの少ない映像を再現する高画質技術「クリアレゾリューションエンハンサー」を搭載
  • テレビ番組を見ながら裏番組が録画できる「外付けHDD裏番組録画」対応
  • CM前後やシーンの切り替わりなどで番組を自動で区切る「オートチャプター」や短時間で視聴できる「1.3倍早見再生」など、再生に便利な機能も搭載。
  • 声が聞きづらい時に、声の音量を大きくして聞き取りやすくできる「クリアボイス」搭載。リモコンのボタン1つでかんたにオン/オフが可能
  • 数字ボタンで電源オン&ダイレクト選局。見たい放送局がすぐみられる「チャンネルポン」対応
  • 消費電力を抑える「オンタイマー」や「スリープタイマー」、「無操作電源オフ」等の節電・タイマー機能搭載。
  • 転倒防止ベルトを搭載。設置する際に利用いただき、安心してテレビをお楽しみください。
  • 出力音圧レベル:10.0 watts

シャープ 液晶テレビ「AQUOS」2T-C32DEW

「画質ももちろんだけど、音声にもこだわりたい」「テレビで音楽を聴くことが多い」という方にはこちらのモデルがおすすめです。

リフレクター構造といって、前方に音を届ける機能を採用していますので、クリアな音声を楽しめます。

また、リモコンには「くっきり」音声ボタンが搭載されていますので、音を聞き取りづらいお年寄りにも最適です。

出典: Amazon
  • USB外付けHDDに裏番組が録画できるダブルチューナー、おまかせオートチャプター機能搭載
  • 前方に音抜けのよいリフレクター構造
  • 人の声をさらに聞き取りやすい、音声「くっきり」ボタン搭載
  • スタンド取り付けがネジ一本「かんたん組立」
  • AQUOS ブルーレイに録画したテレビ番組を別の部屋のAQUOSで楽しむ「ホームネットワーク機能」搭載
  • AQUOSブルーレイと組み合わせて、見逃したシーンをさかのぼって楽しめる「AQUOSタイムシフト」機能

42~49V型のおすすめテレビ

では最後に、42~49Vのおすすめテレビをいくつか紹介していきます。

パナソニック 4K液晶テレビ VIERA TH-43LX800

こちらのモデルは、オートAI画質という「自動画質調整機能」を搭載しています。

AIが見ている番組に合わせて画質を自動調整してくれますので、「高画質で映像を楽しみたいけど、その都度調整するのが面倒くさい」という方にも最適です。

また、パナソニックが提供しているアプリ「Panasonic Media Access」を活用することによって、テレビからスマホなどの端末に番組を転送できますので、録画番組をリモート視聴したいと考えている方にもおすすめできます。

出典: Amazon
  • 映像のシーンを判別して自動で最適な画質に調整「オートAI画質」
  • 広がりのあるクリアな音空間を楽しめるスピーカーシステム「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)(R)
  • 多彩なネット動画が楽しめる

ソニー 液晶テレビ「BRAVIA」KJ-43X80WK

「とにかく性能の良いテレビを購入したい」と考えている方には、こちらのモデルがおすすめです。

映像信号を正確に分析し、最適な処理を行う「HDRX1」という高画質プロセッサーを搭載しているため、常に綺麗な映像を楽しめます。

また、Google TV機能も搭載されていますので、ネット動画を視聴したいと考えている方にも最適です

出典: Amazon
  • 音の歪(ひず)みを低減する形状の振動板を採用した、「X-Balanced Speaker」を搭載。クリアな音質と迫力ある重低音を実現
  • リモコンの「 Google アシスタント」ボタンを押して、会話をするように声で見たい動画を探せる「音声検索」
  • Google TV(TM)機能搭載なのでネット動画の視聴に最適。映画、音楽、ゲームなどあらゆるジャンルのコンテンツを楽しめます。視聴履歴や好みに合わせて、Google があらゆる動画配信サービスの中からあなたにぴったりのコンテンツをおすすめを提案
  • 3チューナー搭載で2K放送も4K放送も2番組同時録画に対応

ハイセンス 液晶テレビ 43A65H

こちらのモデルは、ダイナミックな映像を楽しめる4K液晶テレビです。
「NEOエンジンLite」という高画質映像エンジンを搭載しているため、画質にこだわっている方に最適と言えます。

また、ADSという視野角の広いパネルを採用していますので、料理や洗い物をしながらでも快適に楽しめます。

ネット動画をおすすめ、テレビの新スタンダード

映画の世界に入り込んだかのような感動的でダイナミックな映像、臨場感あふれる高音質。ゲームモード対応でストレスフリーなゲーム体験。もちろん人気のVODも対応。子供から大人まで家族みんなが楽しめます。

日々のリラックスタイムや一家団欒に欠かせないテレビ

そんなテレビには、数えきれないほどの種類があり、それぞれで特徴や価格が大きく変わります。

中には、「テレビを買い替えたいけど、何を基準に選べばいいかわからない・・・」と悩んでしまっている方もたくさんいるでしょう。

そのような方は、今回紹介したことを参考にしながら、自分や家族にあったモデルを慎重に探してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です