[KINOKUNIYA] 紀ノ国屋 エコロジーバッグ EC-1

出典: Amazon
発売日2016/4/16
型番2701-4960320002589
メーカー 紀ノ国屋

メーカー公式情報

エコバッグブームの火付け役となったエコロジーバッグ

エコバッグブームの火付け役となった紀ノ国屋のエコロジーバッグ。1995年に登場して以来、またたく間に紀ノ国屋定番商品の一つとなりました。素材にナイロンを採用。小さく折り畳んで携帯してお持ち歩きできます。

レビュー記事・関連サイト

国内のアウトドアメーカーで丁寧に製造しています。

東京から東北道を走り、栃木県を抜けると、阿武隈山脈のやさしい形をした山々に囲まれ始めます。郡山を過ぎ、もうすぐ福島というところに、紀ノ国屋のエコバッグのふるさとがありました。二本松市です。

山あいの静かな工場に、腕ききの女性たちが集まっています。仕事がていねいなのに、とても速い。工場全体がテキパキと動いていました。またたく間にしあがっていくさまは、見ていて飽きません。

その品質はライフセーバークオリティ

この工場は、もともと山岳用品などをつくっていた工場だといいます(いまも生産しています)。

「ここでは、主に品質に生命がかかっているものを作ってきたんです」
と工場長の高野幸一さん。山登りの現場で、荷物の持ち手が切れたりしたら、たしかに生命にかかわります。それどころか、「山岳用品だけでなく、警察から防弾チョッキの注文が来ることもあるんですよ」というお話。この工場は、まさに生命を守るクオリティの工場です。

紀ノ国屋のエコバッグがこの工場で生まれたのは、必然かもしれません。エコロジーバッグに耐久性がなかったら、ちっとも「エコ」ではありません。毎日のようにお買い物に持ち歩いていただけて、かつ壊れにくくて繰り返しお使いいただけるからこそ、エコロジーバッグなのです。

プロ中のプロが仕上げる

素材に使われているのはナイロンです。生鮮食料品を入れるわけですから、いつも清潔にしておきたい。ナイロン素材なら丈夫で、洗っても長持ちします。エコバッグは布製のものが多かったのですが、あえて紀ノ国屋はナイロンを選びました。

ナイロン生地から型抜きをし、1枚ずつシルクスクリーン印刷にかけます。「この段階で、生地不良もチェックする」のだそうです。徹底した品質管理が、この工場の自慢です。

KINOKUNIYAのロゴマークが印刷された生地は、縫製に回されます。その作業の素早いことにびっくり。ミシンを自在に操り、またたく間に仕上げていきます。

「でも、重要なのはこの先です」と高野工場長。「持ち手が最も傷みやすいので、閑止め(かんどめ)という作業をする」のだそうです。いわば、持ち手の縫製部分の補強です。特別なミシン(閑止めミシン)を使い、熟達のプロが仕上げます。

ひとつひとつの工程に職人の目が光り、徹底した品質管理が行われています。こうして出来あがったエコバッグやオリジナルバッグは、「繰り返し、長く使って欲しい。いくらでも修理します」と工場長。

もちろん紀ノ国屋では、修理も承っています(有料)。エコロジーのためのバッグですから。

名称紀ノ国屋 エコロジーバッグ
ブランドKINOKUNIYA
素材・カラー等カラー
生地:ベージュ
ロゴ:グリーン
持ち手:グリーン
生地・素材
本体:ナイロンアクリルコーティング(420デニール)
持ち手:ポリプロピレン
サイズサイズ
本体:35cm×35cm×15cm(タテ×ヨコ×マチ)
持ち手:26cm
出典:紀ノ国屋公式オンラインショップ

注意
●水洗いや天日干しはプリント落ちや生地を傷める原因となります。水洗いや天日干しはお避けください。
●画像と実際の商品の色合いが若干異なる場合がございます。
●当製品のプリント部分は油性インクを使用しておりますのでお買い上げ時に匂いが残っている場合がございます。匂いが気になる場合は袋から出し、広げた状態で風通しの良い場所で日陰干しをして、匂いを飛ばしてからご使用ください。

出典:Amazon

created by Rinker
KINOKUNIYA
¥3,580 (2024/06/14 05:36:24時点 Amazon調べ-詳細)